人気セラピストになる為には

セラピストとして活躍すると決めたあなた、さあこれからどうすれば良いでしょう?
まずは目の前のことからコツコツと、順序良く真面目に取り組んでいけば結果は後から付いてくるはずです!

1に勉強、2に勉強!


お客様を満足させるためには、何よりも技術が重要です。まだまだスキル不足だと感じている人は他のことを気にしなくて、まずはスキルアップのために勉強をしましょう。
ある程度まで知識とスキルを身につけたら・・・

自分だけのオリジナルスキルを身につける!
POIT

他の人にはない個性を身につければ、お客様はあなを指名してくるようになるでしょう。
勉強すればするほど、セラピーって色々な可能性を秘めているのです。
色々な角度から技術を見直して、頭を柔らかくして考えて、唯一無二の存在になれたら良いですよね。
手掛かりとして、お客様や他のスタッフ等他人から褒められるところを意識すると良いのではないのでしょうか。
それは既に立派な個性ですので、それを軸に可能性を広げていきましょう。

ミヒャエル・エンデの児童文学『モモ』

こちらの作品を知っている方も多いと思いますが、セラピストはまさしくこの『モモ』のようになれば良いのです。セラピストは接客業ですから、自分は人とコミュニケーションを取るのが苦手だから不安に思っている人もいるかもしれません。ですが、あなたはただ聞き上手になればそんな悩みは解決されます。『モモ』は身元不詳で身寄りもない女の子でしたが、彼女は人の話をしっかり聞く事が出来のでとても人気者でした。例えば、もしあなたが誰かに話しをする時、無表情の人と笑顔の人、どちらに話を聞いてもらいたいですか?きっと笑顔の人だと言う人が多いと思うのですが、つまりはそういうことです。楽しそうに、まるで自分のことのように、一生懸命になって人の話を聞ける人には

「自分もこの人と話をしてみたい」

と向こうから話しかけてきてくれるようになるのです。無理して喋ろうとせず、聞く力を磨きましょう。
 

誰からも好かれる、は無理
日常生活の中でも、万人から好かるなんて到底無理な話です。
むしろ、誰からも好かれようとする人は、誰からも興味を持たれない人になってしますのです。
なので、セラピストの場合、施術の傾向を絞ってみるのも有だと思います。
あまりにも規格外だと良くないですが、ピンポイントにターゲットを絞ってそこに注力すると、リピーターのお客様がつくようになります。
また、「週1回は来て下さい」等と提案するのも大事です。
お客様の為になると本当に思うのなら、どう思われようが関係なしにしっかりと提案をすべきでしょう。
そうすることで信頼関係が生まれてくるはずです。