癒し系になる為には

セラピストはお客様の心身を癒すお仕事ですが、皆さんも「あの人癒し系だよね」と思う知り合いいませんか?存在自体が癒し系だったら、施術をしている時もより効果倍増になるかもしれません。では、癒し系の人の特徴はなんでしょうか?

笑顔が素敵


癒される人を思い浮かべた時、頭の中のその人はきっと笑顔ではないでしょうか。ニコニコしていて笑顔が素敵な人って癒されますよね。癒し系を目指す時には口角を上げて目元を柔らかくしてみましょう。

柔らかい口調


言葉遣いもとても大切なポイント。荒々しい口調は相手を怯ませたりイライラさせるだけで良くありません。丁寧な言葉遣いを意識して話すようにすれば、自ずとゆったりとした物腰になっているでしょう。

ゆったりとした行動


せかせかハキハキ忙しなく動いていては癒し系にはなれません。決して行動が遅いと言う事ではなく、ゆったりと余裕のある振る舞いを心がければ、相手はきっと安心するはず。

聞き上手


相手の言葉に耳を傾けることが出来れば、80%癒し系になれるでしょう。「うんうん」「そうなんだ」「それから?」等適度な相槌をはさみながら、相手が話すことを楽しいと思わせられたら十分です。

三歩後ろはダメ


相手を立てるだけだったり、なんでも言う事を聞くような人は、本当の意味で癒し系では無いと思います。しっかり自分の意見や考えを持って、違う事は違うと言える人が真の癒し系なのです。かと言って、我を通すのではなく、相手の意見をきっちり受け入れて、もし自分が間違っていたというときは謝れるようにしましょう。

少しだけ隙がある


隙だらけの人はただだらしな人ですが、ちょっと隙があったほうが相手は落ち着くのです。ガッチリ鎧をまとったままコミュニケーションをとっていたら、相手も緊張して癒されるどころか疲れてしまいます。
癒されると感じる時ってどんな時?

一緒にいて疲れない時や安心するなんて時、受け入れてくれたと感じると、人は癒されるなぁ・・・と感じるのではないでしょうか。しかし、人間というものは他人を100%理解するなんて出来ないので、コミュニケーションをと取る時は何かしらストレスを感じるものです。そのストレスをいかに相手へ感じさせないかが癒し系には必要となってきます。これはなかなか難しい事ですが、意識するのとしないのとでは全く変わりますので、決して上手に出来なくてもチャレンジするのが大事です。もし、自分が真の癒し系になれた時、実は自分にもメリットはいっぱいあるのです。相手がストレスを感じないという事は、自分もストレスを感じない事が多いのだとか。
人間関係が上手くいかない時は、癒し系を目指してみてはいかがでしょうか。